• 東銀座駅より徒歩5分
  • 面談予約はこちら
無料相談はこちら受付 9時30分~18時

03-5148-7723

Webからの無料相談はこちら

代表者の声

「相続を『争族』にしないために遺言書を作りましょう。」とは最近よく耳にします。
高齢になって認知症になってしまう場合に備えて「任意後見契約」を利用したり,認知症になってしまった後には「成年後見制度」を利用する,といったことはずいぶん広く知られるようになって今や多くの方がご存知です。
こういった制度は何のためにあるのでしょうか?どんな状態にあっても適切に財産の管理・運用ができるように,また亡くなった後もご自身の望むように資産を承継できるようにという,資産の管理・運営・承継のための制度であるといえます。
家族信託の,ほかの制度にはない大きな特徴の一つは,生前のはつらつとした時期から,認知症になった後も,そして亡くなった後も,後々まで,ご自身の望むように管理・運用・承継させることができるところにあります。
そしてこれを,最も信頼のおけるご家族やご親戚に「託す」ということがまた家族信託の「家族信託」たるゆえんです。
近い将来,「遺言」「後見」と並んで「家族信託・民事信託」が,財産の管理・承継のための選択肢の一つとなることが当たり前の時代になると思っています。そこで将来の財産の管理・承継についてお考えになるとき,「家族信託・民事信託」を一つの方法としてご検討されることをお勧めいたします。

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
相続・遺言の無料相談受付中!

03-5148-7723

PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談